六価クロム溶出試験

 

一般的に、地盤強度を増大させる為には、セメント及びセメント系固化材の地盤土との混合、もしくはセメント系薬液の 注入方法が用いられています。しかしながらセメント系固化材には有害な六価クロムが含有しており、時間の経過に伴って、 土壌への溶出が起こり地下水の水質環境の悪化が懸念されます。
平成12年3月24日付の「建設省技調発第49号建設省官房技術審議官通達」で、国所管の建設工事の施工に対し、 セメント及びセメント系固化材を地盤改良に使用する場合、及び使用した改良土を再利用する場合、六価クロム溶出試験を 実施し土壌環境基準以下であることの確認が必要となっています。

弊社では、平成13年4月20日付 国土交通省大臣官房技術審議官通達「セメント及びセメント系固化材を使用した改良土の 六価クロム溶出試験実施要領(案)」に基づいた分析を実施致しております。

六価クロム溶出試験は原則下記の3種類の試験を実施する必要がありますが、1の試験で土壌環境基準(0.05mg/l)を超えなければ、下記の2及び3の試験は実施しなくてもよい (但し、火山灰質粘性土は除く)ことになっています。

 

1.配合設計での溶出試験
ご用意頂く試料 納 期 料 金
室内配合試験時の強度試験等に使用した供試体の中から現場添加量に最も近い試料(材齢7日:約500g)を用いて溶出試験を実施。 3日〜7日間で結果を報告後、1週間以内に報告書提出 別途お見積もり

2.施工後での溶出試験
ご用意頂く試料 納 期 料 金
現場密度の確認あるいは、強度試験に用いたもの、もしくは同時に採取した試料(材齢28日:約500g)を用いて溶出試験を実施。 3日〜7日間で結果を報告後、1週間以内に報告書提出 別途お見積もり

3.施工後のタンクリーチング試験(改良土量が5000立米以上)
ご用意頂く試料 納 期 料 金
現場密度の確認あるいは、強度試験に用いたもの、もしくは同時に採取した試料(材齢28日:約500g)を用いてタンクリーチング試験を実施。 上記の納期プラス28日間 別途お見積もり



[お問い合わせ]